1. TOP
  2. blog
  3. 空中キャバレー、写真力、松本の夏が始まりました

空中キャバレー、写真力、松本の夏が始まりました

IMG_3008

週末から空中キャバレーと松本市美術館の展示が始まり、松本も一気に夏モードに。

 

IMG_3008

IMG_3012-e1437267450101

IMG_3023

 

 

空中キャバレー、僕も引っ越してきて今年始めて観劇――というか体験したのですが、以外と市内の方でもまだ観てない方がけっこういらっしゃるみたいなんですよね。「松本のあの劇場でしかできない」ものはつまり、松本を形成するであろうある種の共通認識にもなるわけで、絶対一度は「あの場」を体験したほうがいいと思いました。

まあ難しい事はさておき、要するにつまり「あんな楽しくて儚いものを体験しないのはもったいないぜ!」って事です。

 

IMG_30251

IMG_3032-e1437267469863

IMG_3037

松本市美術館の方でも篠山紀信さんの「写真力」の展示が開催されています(10月12日まで)。
開催記念のトークを聞きに行ったのですがはウワサに違わぬバイタリティとサービス精神で凄く面白かったです。
ちなみに宮沢りえさんのSanta Feですが撮影は5月で当時18歳だったので今月の7月から施行された児童ポルノにはあたらないという事。安心してご所有ください(^^;
https://ja.wikipedia.org/wiki/Santa_Fe
ネットだとウワサのウワサ要出典みたいな事になっているので、どこかちゃんとした所は写真を撮影した本人に直接取材するのがいいんじゃないかなーと思います。美術館にも展示されていて図録にも収録されている作品です。僕は篠山紀信さんご本人から聞きました。

あと三島由紀夫さんの「男の死」(三島本人が切腹やらなにやら様々な男の死に様を演じた写真集)については、肝心の本人が撮影した後に自決しちゃったのでお蔵入りになってるのですが、これはいずれ発刊したいとかなり力強く話されてました。

展覧の写真は凄く大きなサイズに引き延ばしているので圧倒されます。基本撮影はできないのですが(さすがに全部が全部大御所なのでやむなし)、ジョンレノンとオノヨーコの例の写真は撮影可だったのは嬉しかったです。あとパネルを間近でみてもアラがほとんど目立たないんですよね。今の印刷技術ってすげえ!

もう一つ、美術館ですが現在、草間彌生さんの展示も常設ABCを拡張してるのですごく見応えがあります。特に「愛はとこしえ」と「わが永遠の魂」はパネルをスキマなく詰めて一気に展示してるので凄いことになっています。360度水玉に囲まれる「魂の灯」もありました。
撮影可能な展示もありましたのでキネンにも良いでしょう。受付の「考えるかぼちゃ」もお忘れなく。